白髪染めヘアカラートリートメントとヘナは併用できない?

ヘナは白髪染めヘアカラートリートメント以上に髪や頭皮に負担をかけないということで愛用している方も多いようです。

 

ただ、白髪染めに時間がかかるため継続が難しいと言われています。

 

そんなヘナのデメリットを補いために、白髪染めヘアカラートリートメントとヘナを併用することはできるのでしょうか?

 

白髪染めヘアカラートリートメントとヘナは併用はおすすめしない

ヘナは髪や頭皮に優しいということで愛用している方も結構いますが、何しろ白髪染めに時間がかかるのが最大のデメリットです。

 

このデメリットを補いために、白髪染めヘアカラートリートメントと併用できないかと考えると思いますが、基本的にはおすすめできません。

 

一度ヘナで染まった白髪は、白髪染めヘアカラートリートメントを塗っても染まらない場合が多いようです。

 

実際は使ってみないと、色が入るかどうかわからないという感じです。

 

また、逆に白髪染めヘアカラートリートメントを塗った後にヘナを使う場合は問題なく色が入ります。白髪染めヘラカラートリートメントを使ってみたけど、自分にはやっぱりヘナの方が合っているという場合はヘナに戻すことはできます。

 

ヘナは髪や頭皮にやさしい言われていますが・・・

ヘナは髪や頭皮にやさしいと言われていますが、注意して商品を選ぶ必要があります。

 

ヘナを使う場合は天然成分のみのものを使わないと意味がありません。わかりやすいのは、黒髪が茶色に染まるなどのヘナは天然ではなくジアミンなどが入っている可能性が高いです。

 

天然のヘナは実際に試してみないと、どんな色に染まるかわからいですし、明るい色に染めることはできません。

 

ジアミンが入っていては、ヘナを使うメリットがなく白髪染めヘアカラートリートメントを使った方が良いですよね?

 

髪や頭皮へのやさしさの関係は以下のような感じです。

天然ヘナ > 白髪染めヘアカラートリートメント > ジアミン配合ヘナ

 

ヘナはデメリットも多い

ヘナは髪の毛を徐々に補強してくれるなどメリットも多いのですが、それ以上にデメリットが多いので私は使いません。

 

ヘナのデメリット

  • 白髪染めに時間がかかる
  • においが独特で個人差がある
  • 色が選べない
  • ジアミン配合ヘナの可能性がある

 

ヘナは白髪染めに時間がかかる

ヘナで白髪を染める場合、白髪染めヘアカラートリートメントと比べてかなり時間がかかります。3~5倍ぐらい。時間については、個人によってバラつきがあるのですが、最低でも1時間は放置する必要があるようです。

 

こんなに時間がかかると白髪染めのハードルが上がってしまいます。

 

ヘナはにおいが独特

ヘナは天然の葉っぱですので、そのにおいは独特です。好きな人は好きなようですが、苦手な人もいます。

 

ヘナは色が選べない

ヘナは通常の白髪染めのように色が選べません。ヘナの自然の色素により染まりますので、人によって色が変わってきます。

 

なので、実際に染めてみないとどんな色に染まるかわからないのです。

 

ジアミン配合のヘナの可能性がある

天然ヘナと謳っているいるけど、実はジアミンが入っていたというトラブルも過去にあったようです。ジアミンを入れることで染まり具合がアップしますがこれではヘナを使うメリットがなくなってしまいます。

 

やっぱりヘナより白髪染めヘアカラートリートメント

実は私もヘナに興味を持ったことがありました。でも調べれば調べるほど白髪染めするのが大変そうだし、色んな種類があってどれを選べば天然で信頼できるものなのか区別できませんでした。

 

なので、結局試すことなくヘナへの興味は薄れてしまいました。
やっぱり白髪染めヘアカラートリートメントが最強です!

 


このページの先頭へ戻る