ルプルプに危険な成分は入っていない?ジアミンなどの副作用リスクはない?

白髪染めのイメージって何か強い成分が入っているということではないですか?
使うと髪が傷んだり、頭皮のかゆみも心配です。

 

良く聞くのが「ジアミン系の酸化染毛剤」を使っているのかどうかという点です。これらの成分はリスクはあるものの、より染まりをよくするために必要な成分だったりします。

 

ルプルプには、これらの「ジアミン系酸化染毛剤」は入っているのでしょうか?ルプルプの成分解析していきましょう!

 

ルプルプに酸化染毛剤は配合されている?ジアミンは大丈夫?

ルプルプには、ジアミン系の酸化染毛剤は配合されているのでしょうか?
その答えは、「ルプルプにはジアミン系の酸化染毛剤は入っていません!」です!

 

ルプルプ公式サイトを見て頂ければわかりますが、「ジアミン系酸化染毛剤」は使われていません。

 

そのため、頭皮がかぶれたり頭痛がしたりする等の副作用の心配はありません。

 

ルプルプは絶対アレルギーにならない?頭皮のかゆみやかぶれは?

先ほど、ルプルプにはジアミン系酸化染毛剤が配合されていないことをご紹介しました。
さらには、ジアミン系酸化染毛剤だけじゃなく、タール系色素なども一切入っていませんので安心して使えますね。

 

ただし、アレルギーについては個人差があります。

 

無添加でアレルギーパッチテスト済みなので、アレルギーのリスクはかなり低いですがルプルプの配合成分は絶対にアレルギーの症状が出ないと保証しているわけではありません。

 

アレルギーのある方は、注意しながら使いましょう!

 

ルプルプを初めて使用する場合は、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

皮膚に赤みが出るような使用しない方が良いでしょう!ルプルプなら全額返金保証があるから無駄になりません。

 

もし、ルプルプを使用して頭皮が痒くなったりただれたりする症状が出た場合は、使用を中止し、きれいに洗い流してください。

 

ルプルプよりヘナの方が刺激が弱くて良いのでは?という方もいますが、ヘナは色落ちが早いし、独特な色合いなので好みがわかれると思います。私はヘナはおすすめしません。

 

ルプルプで甲状腺疾患になる?

ルプルプで甲状腺疾患になる?という記事があってちょっと気になったのですが、結論から言いますと心配する必要はありません。

 

甲状腺疾患になりやすい食べ物として

  • 昆布
  • 海藻類

があげられていますので、これとルプルプの成分を紐付けて甲状腺疾患になりやすいと言っている人がいるようです。

確かに昆布を毎日摂取することで、ヨウ素過剰となり甲状腺疾患になることはあるようですが、ルプルプを毎日使う分には問題ありません。

 

Q:ヨード(ヨウ素)は含まれていますか?

A:ルプルプWフコイダン(ガゴメ昆布由来)に含まれるヨードは、検出限界以下でございます。

引用元:ルプルプ公式サイト

とルプルプ公式サイトにも記載されていますので心配ありません。

 

ルプルプ成分表示

ルプルプの全成分一覧です。

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムプロミド、ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、水添コメヌカ油、月見草油、メドウフォーム油、マンゴー種子油、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ果皮油、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、グリシン、オレイン酸フィトステリル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、結晶セルロース、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキシルグリセリン、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、イソプロパノール、エタノール(+/―)、4-ヒドロキシプロピルアミノー3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄4

特に気になる危険な成分はありませんね!

 

ルプルプのトリートメント成分ってどうなの?

ルプルプの人気の秘密は、白髪染め効果だけじゃなくトリートメント効果の高さにもあります。普通のトリートメント以上のトリートメント効果を実感できちゃいます。

 

その秘密は美容成分が94%も配合されているからです。

 

さらに、ルプルプオリジナルの成分「Wフコイダン」の効果でかなりの保湿効果を実感できます。

 

あとは私が気に入っているのはルプルプのニオイです。

 

よくある白髪染めのツンと鼻が痛くなるようなニオイとは違い、
エッセンシャルオイルの

  • ラベンダー
  • オレンジ
  • ローズマリー

など使っていて心地よいやさしいニオイです。

 

ルプルプはジアミンは入っていないけど注意も必要

ということで、ルプルプにはジアミン系の酸化染毛剤は配合されていません。

 

無添加処方でアレルギーパッチテスト済みなので安心して使うことができます。

 

ただし、アレルギーのある方は注意が必要です。絶対にアレルギーが起こらないわけではなく、症状には個人差があります。

 

はじめてルプルプを使う場合は、パッチテストが必須になります。
ルプルプは髪にも優しくて、バランスの取れたとっても良い白髪染めです!

 

 

 

ルプルプのph値は中性

白髪染めの成分は、酸性かアルカリ性かでその効果に差がでてきます。

 

この酸性とアルカリ性の差は、ph値(ペーパー値)によって決まります。

ph値が強い:アルカリ性(傷みやすくて染まりやすい)
ph値が弱い:酸性(髪が傷まないが染まりにくい)

 

いわゆるジアミン系の白髪染めは、ph値が強いアルカリ性の白髪染めで、トリートメントタイプの白髪染めはph値が弱い酸性寄りの白髪染めです。

 

ところがルプルプの場合は、ちょうど中間の中性です。

ルプルプは、酸性の良いところとアルカリ性の良いところを良いとこ取りしているから、「染まりやすくて傷みにくい」という最高のバランスの白髪染めなんです♪

 


このページの先頭へ戻る