ルプルプの使い方!乾いた髪と濡れた髪どっちに使う?

ルプルプは使い方によって白髪の染まり具合が若干変わってきます。その1つが乾いた髪に使った場合と濡れた髪に使った場合です。

 

ルプルプを使う場合、乾いた髪と濡れた髪どちらに使うのが良いのでしょう?

 

ルプルプは乾いた髪に使うと染まり具合がアップする!

まずはルプルプを乾いた髪に使う場合について見ていきましょう!

 

ルプルプを乾いた髪に使うということは、シャンプー前に使うということです。ルプルプを乾いた髪に使うと、染まり具合がアップします。

 

ルプルプを髪が濡れた状態で塗ると、髪の水分によりルプルプが髪に絡みづらい状態です。乾いた髪にルプルプを塗ることでしっかりと髪に絡み、ルプルプを髪全体に塗って放置している間にしっかり髪に浸透してきます。

 

ですので、白髪をよりしっかり染めたい場合は、シャンプー前の乾いた髪にルプルプを使うのがおすすめです!

 

お風呂に入る前に使うことができますので、冬の寒い時期の寒さ対策としても有効です。

 

ルプルプを濡れた髪に使うとトリートメント効果がアップします!染まらないわけではない

ルプルプを乾いた髪に塗ることで染まり具合がアップすることをお伝えしましたが、濡れた髪に使うと染まり具合がダウンしてしまうのでしょうか?

 

確かに、濡れた髪にルプルプを使うと、乾いた髪に使った場合と比べると、水気が混ざってしまいますので染まり具合はダウンします。
ただ、ダウンとは言っても普通の効果なので、全く問題ありません。

 

その代わり、ルプルプを濡れた髪に使うと、乾いた髪に使う場合と比べてトリートメント効果の高まりを実感できます。

 

一般的なトリートメントってシャンプー後に使いますよね?

 

ルプルプも一緒でシャンプー後に使うことで、シャンプー前の乾いた髪に使うよりもトリートメント効果を実感できまうす。

 

ですので、トリートメント効果を優先する場合は、通常通りシャンプー後にルプルプを使うのがおすすめです!

 

 

ルプルプ使用時のポイント!黒髪も茶髪もバッチリ!

ルプルプを乾いた髪に使う場合と濡れた髪に使う場合で効果が違うことをお伝えしてきました。
ここでは、私の経験から得たルプルプの効果的な使い方についてご紹介していきます!

 

ルプルプ使い始めは乾いた髪に使う!色持ちアップ!

ルプルプは、使い始めの3回は3日連続で使うことが推奨されています。

 

これは、全体的にしっかりと色を入れるためです。
そのため、ルプルプ使い始めの3回は、白髪の染まり具合を優先して乾いた髪に使います。これで全体的にしっかり色が入ります。

 

定期的なルプルプ使用時は濡れた髪に使う

ルプルプ使い始めの3回でしっかり色を入れた後は、個人差はありますが1~2週間に1回の使用で白髪が染まった状態を維持することができます。

 

この定期的にルプルプを使う場合は、トリートメント効果もしっかり得るためにルプルプを濡れた髪に使います。この私のルプルプ使用時のポイントを参考にして頂ければ、白髪も気にならない、髪もうるツヤという状態をキープすることができます。

 

もし、生え際白髪がちょっと目立ってきたな~と感じたら、スポット的にルプルプを乾いた髪に使うのも効果的です。

 

ルプルプ使用前にワックスや汚れをブラシやクシで落とす

これも以外と大切です。ルプルプを髪全体に馴染ませる前にワックスや汚れは落とすようにしましょう!染めムラや色落ち、染まり具合に影響でてしまう場合があります。

 

ルプルプの白髪染め効果を高める染め方のコツ

では、乾いた髪にルプルプを使う以外の白髪染め効果を高める方法についてご紹介します!

 

放置時間を長くする

ルプルプを髪全体に馴染ませた後、通常は約10分放置すると思いますが、さらにしっかり染めたい場合は20分~30分放置します。

 

私の場合は、さらにしっかり染めたいと考えて1時間放置したこともあります。30分と1時間はあまり違いがなかったように感じます。30分で十分かなと思います。

 

シャワーキャップでしっかり馴染ませる

放置中はシャワーキャップを被るとよりしっかり染まります。この時湯舟に入って頭を蒸らすのがポイントです!

 

コームやクシでルプルプをしっかり塗り込む

ルプルプをしっかり塗り込むために素手でやるという方もいますが、コームやクシを使った方が髪の毛1本1本しっかり染めることができます。

 

また、コームやクシを使えば手や爪の間が黒くなる心配もありません。

 

ルプルプの使用頻度を増やす

ルプルプは毎日使っても髪に優しい白髪染めです。そのため、使用頻度を増やすことでよりしっかり白髪染めできます。

 

美容院と白髪染めを併用する場合やパーマをかける場合の注意点

普段はルプルプを定期的に使用して、2~3ヶ月に1回ぐらいは美容院でしっかり白髪染めするという方もいます。
あるいは、ルプルプ使用前後に美容院でパーマをかけるという方は注意が必要です。

 

美容院で白髪染めする場合やパーマをかける場合は、前後1週間ずつ間をあける必要があります。これはルプルプと美容院の刺激の強い白髪染めやパーマ液が混ざることで、染めムラができてしまったり、パーマへの影響も懸念されます。

 

そのため、美容院の前後にルプルプを使う場合は、最低でも1週間は間をあけるようにしましょう!

 

 

最後に

いかがでしょう?

 

私のルプルプの使い方を参考にして頂ければ、無理のない範囲で気楽に白髪染めすることができます。その上、生え際白髪もしっかり染まってくれますので、もう白髪のことを忘れて生活することができます!

 

 


このページの先頭へ戻る