ルプルプの色持ちはどう?すぐに色落ちしてしまうって本当?

ルプルプは、シャンプー後のトリートメントする感覚で気軽に白髪染めができる便利なアイテムです。

 

でも、ルプルプが気軽に使えるといっても、シャンプーするとすぐに色落ちしてしまったり、汗をかいて枕や洋服が汚れるのではないか?と心配する声もあるようです。

 

ということで、今回はルプルプの色持ちと色落ちについて見ていきましょう!

 

ルプルプは染まりやすくて色持ちも良い?

ルプルプは私も愛用してる白髪染めですが、染まりやすさと色持ちの良さを実感しています。

 

ただ、口コミを見ていると『1回で白髪が目立たなくなった』という口コミがある一方で、『すぐに色落ちした』『色持ちが悪い』という口コミもあります。

 

ルプルプの色持ちが悪いとなると、以下のようなデメリットになってしまいます。

  • 頻繁にルプルプで白髪染めが必要
  • 思った以上にルプルプを購入費用がかかる

 

ですが、色持ちについては安心して下さい。私が自信をもっておすすめします。
ルプルプを正しく使えば、『すぐに色落ちしてしてしまう』『色持ちが悪い』ということはなくなります。

 

ルプルプの色持ちを高める使い方のポイント

乾いた髪にルプルプを使用する
ルプルプを使い始めは、3日連続で使用する
ルプルプを馴染ませた後の放置時間を長め(30分以上)にとる

 

これらのポイントをおさえてルプルプを使って頂ければ、満足のいく染まり具合、色持ちを実感して頂けると思います。

 

私の場合、普段はルプルプは1~2週間に1回程度を使っています。これで白髪は気にならない幸せな状況です。

 

ルプルプの色落ちを実感するのはどのぐらいの期間?

先ほどお伝えした色持ちを高める使い方をして頂ければ、満足のいく色持ちを実感して頂けると思います。ただ、ルプルプはトリートメントタイプの白髪染めですので、美容院などの白髪染めと比べると色持ち期間は短くなります。

 

どのぐらいで色落ちするのでしょうか?

 

色持ちには個人差がありますが、私の場合は使い始めは3日間連続で使用して、その後は2週間に1回ぐらいの使用です。
生え際白髪が気になる時は、1週間で使う場合もあります。

 

あとは、全体的に色落ちしてきたな~という時は、2~3日連続で使うなどの使い方をすることもあります。

 

ルプルプを実際に使っている方の体験レビュー等をチェックすると平均して8~10日に1回のペースで使われているようです。

 

あとは、髪が伸びる早さには個人差がありますので生え際白髪が早めに気になる方もいるようです。
8~10日に1回のペースでも美容院に行って染めることを考えれば全然ラクだと感じるはずです。

 

ルプルプは汗をかいた時に色落ちする?

ルプルプのようなトリートメントタイプの白髪染めは、髪の表面を染めていくため、色落ちしやすいというイメージがあるかもしれません。

 

汗をかいて色落ちするなんて状況は困ってしまいますよね?ルプルプは汗をかいて色落ちするようなことはまずありません。

 

トリートメントタイプの白髪染めには色んな種類がありますが、ルプルプの場合はキューティクルを傷つけないように少しだけ開いて色を入れていきます。なので、完全に表面に色をつけるだけの白髪染めと比べると色落ちはしづらい仕組みになっています。

 

これは、ルプルプの色落ちしにくいポイントだったりします。

 

ただし、ルプルプの使い方がイマイチの場合、色落ちしてしまうリスクがありますのできちんと使い方を把握しましょう!

 

ルプルプ色落ちしないための正しい使い方!

ルプルプの使い方がイマイチな例として、

  • ルプルプを流し足りない
  • ドライヤーで髪をしっかり乾かしていない

などが考えられます。

 

すすぎが足りない

ルプルプを髪全体に馴染ませて放置した後、ルプルプを洗い流していきますが、この時洗し足りないと色落ちの原因になってしまいます。

 

ルプルプを洗い流しすぎると、せっかく染めた色が落ちてしまうんじゃないかと気にされる方もいますが、しっかり色がでなくなるまで洗い流しましょう!髪表面にルプルプが残っていると、汗をかいたときなどに枕や洋服へ色が移ってしまう原因になってしまうリスクがあります。しっかり洗い流すようにしましょう。

 

ドライヤーでしっかり乾かしていない

髪が湿った状態は色落ちするリスクが高まります。
ルプルプをしっかり洗い流した場合は、特に問題ないのですが洗い流しが足りない場合でもドライヤーでしっかり乾かすことで色落ちを防ぐことができます。

 

ルプルプを使った後は、いつも以上にしっかり髪を乾かすようにしましょう!

 


このページの先頭へ戻る