ルプルプを使っていたら白髪が青や紫に!?緑になることもある?

ルプルプを使っていたら白髪が青や紫や緑になったという方の口コミをチラホラと見かけます。

 

本当にそんなことがあるのでしょうか?
もしルプルプを使って白髪が青や紫や緑になってしまったらどうすれば良いのでしょう?

 

ルプルプで白髪が青や紫や緑になることがあるの?

ルプルプを使って白髪が青や紫や緑になることなんて本当にあるのでしょうか?

 

私は経験ないのですが、どうやら本当にあるみたいです。

 

ルプルプは、赤と青と黄の染料を混ぜ合わせて色を作っています。このバランスが崩れることで髪色がおかしなことになってしまうようです。

 

髪色がおかしなことになってしまう4つの原因

ルプルプを使った後、髪色がおかしなことになってしまう原因として考えられるのは以下の4つです。

  • 髪の傷みが激しい
  • 髪に水分が多い状態でルプルプを使った
  • 髪質とルプルプの相性
  • パーマや他の商品と一緒に使った

 

髪の傷みが激しい

髪がすごく傷んだ状態ルプルプを使うと均等に色が入らないため、偏った色になってしまう場合があります。

 

髪に水分が多い状態でルプルプを使った

一番やりがちなのがこれです。

 

ルプルプを使う前にタオルドライしますが、このタオルドライが足りないと髪に水分を含んだ状態にルプルプを塗ることになります。この場合、ルプルプの染料が水分で薄まってしまい均等に色が入らないため偏った色になってしまいます。

 

水分が多い状態でルプルプを使った場合は、緑になる傾向があるようです。これはタオルドライを入念に行い、水分を残さないように対策することで改善できます。

 

髪質とルプルプの相性

髪質によって入りやすい色と入りにくい色があります。

 

例えば、青と相性の良い髪質の場合、青っぽい髪色になることがあります。赤と相性の良い髪質の場合は赤っぽい髪色になります。

 

この対策方法としては、今使っている色を変更してみるというのも1つの手です。もし改善されないようなら対策方法はなく、他の白髪染めを試してみるのが一番良いと思います。

 

パーマや他の商品と一緒に使った

よくあるのがルプルプを使ってすぐに美容院でパーマをしたり、またはその逆で美容院でパーマをかけてすぐにルプルプを使う場合に色がおかしないことになってしまうようです。

 

これはルプルプと美容院のパーマ液が化学反応を起こし変色しているためです。

 

ルプルプの使用と美容院でのパーマや白髪染めは、前後1週間空ける必要があります。

 

白髪が青や紫や緑になってしまったらどうする?

もし白髪が青や紫や緑になってしまった場合はどうすれば良いのでしょう?

 

そんなに目立たないようでしたら、そのまま何もしないで約2~3週間ぐらい放置して下さい。ルプルプで染まった色が落ちれば元通りの髪色になります。

 

気になるぐらいの色の場合は、髪を染める必要があります。

 

1つはルプルプの違う色(濃い色)を使って、髪の毛全体を染めるという方法です。

 

あるいは、これはおすすめできないのですが、ブリーチタイプの髪染め(白髪染めでもOK)で一度色を抜いてから髪の内部に色を入れていく方法です。

 

ただし、これは髪の毛の傷みがひどいのであまりおすすめできません。余力があるなら美容院で染めてもらう方がおすすめです。

 

2~3週間我慢できるようでしたら、そのまま放置が一番おすすめですね。

 


このページの先頭へ戻る